« 計算が必要な時計-地球環境に配慮した生分解する洗剤「ジョキンメイト」 | トップページ | 選択肢が多すぎては?-バッテリーをリサイクルして資源を大切にbyアイ・タックル »

2015年7月19日 (日)

眠くてうとうと-山形でレーザープリンタのトナーカートリッジのリサイクルと言えばアイ・タックル

眠くてうとうとしているとき脳内は格闘している

20150719b01

がんばって徹夜したあとは、いつも通りに頭を働かせようとしても、上下のまぶたがくっつこうとしてしまいます。うとうとしている、この上なく心地よい数秒の間、脳では何が起こっているのでしょうか。最近、科学雑誌「Neuroimage」で発表された論文によれば、一部分は夜に眠りについたときと同じような活動をしていますが、それ以外の部分は眠りと覚醒の間で独特の綱引きをしていると言います。

その研究では、18人のボランティアに研究室で22時間眠らずにいてもらいました。そのあと、この疲れた18人を暗くて暖かいfMRI機器の中に入れて眠りに落ちないように指示しました。被験者の目は時々閉じますが、そのとき脳で何が起こっているかをスキャナーで感知します。なお、被験者の目が閉じると、音声メッセージにより、目を開くように促されます。

また、単に目を閉じただけの結果ではないことを確かめるために、眠たい人たちのスキャン結果と、しっかり休息を取った人たちによるスキャン結果を比較しました。

眠たい被験者の目が「マイクロ睡眠」の状態、別名「うとうとした状態」で閉じると、脳の視床部分の活動が低下するのがわかりました。ここは、視覚や聴覚、運動の感覚処理を脳のほかの部分に中継する役割をもっており、規則的な睡眠もつかさどっています。同様の効果が、しっかり休息した被験者のスキャンにも認められたので、この点は問題ありません。

しかし、驚くべきことは、感覚処理と連動するほかの脳の活動増加が認められたことです。これにより、眠りに落ちた瞬間に鮮明な画像が浮かんでくることの説明ができます。また、前部頭頂葉の活動も、より活発になるようです。この部分は注意を払うのを助ける役割を担っているので、脳が「眠るな」という指令に従おうとした(そして失敗した)結果なのでしょう。

この研究は、徹夜したあとに、眠らないための役には立たないかもしれませんが、睡眠中の脳が、意識と無意識の間で常に格闘していることを科学者が理解する助けにはなるでしょう。

とまとの森オンラインショップ

いつも応援ありがとうございます

人気ブログランキングへ

|

« 計算が必要な時計-地球環境に配慮した生分解する洗剤「ジョキンメイト」 | トップページ | 選択肢が多すぎては?-バッテリーをリサイクルして資源を大切にbyアイ・タックル »

コメント

I・TAKLE 社長様 福島県の遠藤栄子と申します。 建設業を営む傍ら特区で農業に参入致しました。HPの内容からもリンクする箇所が多く、一気に吸い込まれ既に半日が経過してしまいました(*´∀`*)素晴らしい経営理念をお持ちで、それもさまざま実践をつみかさねられ、存続可能な美しい地球をあとから続く者たちへ残したい一心で取り組まれておられるスピリットを感じ、胸がいっぱいになりました。本日は「致知の木鶏会」からお邪魔しました。東北で社内木鶏を見学させていただけるとしたら、I・TAKLEさんです。東北しかもお隣の山形・・・しかも御社セミナー・御講演で御縁の講師先生は、素晴らしい先哲の方々 まさに縁尋機妙ですね。これからもどうぞよろしくお願いいたします。 貴縁感謝 遠藤栄子拝

投稿: 遠藤 栄子 | 2015年10月12日 (月) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153464/60847291

この記事へのトラックバック一覧です: 眠くてうとうと-山形でレーザープリンタのトナーカートリッジのリサイクルと言えばアイ・タックル:

« 計算が必要な時計-地球環境に配慮した生分解する洗剤「ジョキンメイト」 | トップページ | 選択肢が多すぎては?-バッテリーをリサイクルして資源を大切にbyアイ・タックル »